ご予約
reservation
マンスリー記事
monthly
カテゴリー
monthly

京都祇園屋10月2日のブログ

こんにちは(*^_^*)京都祇園屋です。

ただいま「京都の凸凹を歩く」という本を読んでいます。

著者は京都高低差崖会崖長、梅林秀行さんという方で、

NHKテレビ「ブラタモリ」の京都編にたびたび出演されています。

この本の最初に紹介されているのが「祇園」。

現在の大和大路通り(京都祇園屋がある通り)は昔の堤防で、

通りの西側は昔の河原になり、

南座のある位置は鴨川の河原のど真中にあたるそうです。

もともとの鴨川の河原は今よりずっと広い敷地を占めていたのだとか。

ほかにも、花見小路のメインストリートが

車も通れるくらい広いのはなぜか、など考えたこともなかったことが

紹介されています。

散策するのにぴったりの季節になってきました。

昔の祇園の姿を想像しながら歩いてみてはいかがでしょうか。

dscn05101

京都祇園屋

075-551-7308

page top
京都祇園屋